日本品質のクリエイティブが
様々なブランドを支えています。

多くの知恵やアイディアのかけ合わせによる発想の拡がりを確かなものとするためには、人と人とのタッチポイントを真剣に掘り下げていく必要があります。ビジュアルインパクトのある表現や、消費者の心を捉えるためのアイディアなどが飛び交う中で、それぞれが響き合うわずかなポイントを徹底的に洗い出し、深めていければ、クリエイティブによるコミュニケーション効果は飛躍的に上昇していくはずです。

私たちは東京麻布台の拠点をクリエイティブのハブとし、東京と上海、スタッフ・クリエイター同士はもちろんのこと、お客様と LEXIS、さらにマーケットニーズとデザインなど、相乗効果を生み出す接点を磨き上げ、センスやパワー、アイディアが飛び交う日本市場で鍛え抜かれた戦略設計やクリエイティブ構築論を礎に、様々な局面で効果を発揮する、さらに価値の高いクリエイティブプランを創出していきたいと考えています。

アジアのクリエイティブ発信地
「東京」そして「上海」

私たちの大きな特徴は、1994年創業の当初から中国市場を見据えた体制を構築し、海外戦略も含めた様々な局面でのクリエイティブ開発を行うべく、情報を知性でコントロールし、洞察力のある思考で時代を切り取り、変化のスピードが速いクリエイティブビジネスには、変化に富んだアイディアで挑んでいるということです。

今やアジアのクリエイティブの中心地へと変貌を遂げた中国、上海。私たちは日本企業としていち早く1999年に上海オフィスを立ち上げ、ここを拠点に、さらに両国のマーケット動向などをリアルタイムに共有できる体制を強化し始めました。今や、日常的に繰り広げられる両国スタッフの密度の濃いコミュニケーションから生まれるクリエイティブプランは、従来の枠組みや世界観に捉われることなく、さまざまなケースで効果のある表現へと変化を遂げています。